興信所は感情で動く

人気記事ランキング

ホーム > > 経済指標発表時のトレードを実践する

経済指標発表時のトレードを実践する

FXを始めたばかりの大抵の人は、副業的な感じで定期的に収入が得たいと考えているはずです。
そのため多くはテクニカル分析の知識を得ようとし、FXツールで自動売買を行う、システムトレードを目指します。
ただ、現実は初心者がいくらテクニカルの知識を実装したところで、コンスタントに勝てる程、甘くはありません。
むしろ初心者がFXでコンスタントに収入を得る手段として、ファンダメンタルでの手法でトレードを行うことを推奨します。
FXは簡単に言うと「買い」か「売り」の二択で勝負するものです。
何も考えずにどちらかの選択肢をカンで選んでも50%近くの勝率を得ることができます。
(最も、手数料の分を考慮する必要があるので、実際には50%というわけにはなりませんが。
)このFXのポジションを、特定のタイミングでのみ作成するようにするだけで、50%の勝率は飛躍的にあがります。
その特定のタイミングとは各国の「経済指標」が発表されるタイミングです。
簡単に言うと、経済指標が良ければその国の通貨が買われ、悪ければその国の通貨が売られるということです。
経済指標の発表を確認し、その結果に従って売り買いのポジションを決定する、このルールで売買するだけで飛躍的に勝率があがるのです。
ただし、経済指標の種類によって、為替に与える影響力が異なります。
特に経済状況の直接的な指標となりうる雇用関係の指標の結果に対する影響力は大きく、結果によっては数分のうちに1円以上の値変動が発生するため、短期間に大きな利益を得られるチャンスでもあるのです。

FX運用のためのVPS